バイクのバッテリーの特徴は車より小さい車体にバッテリーを積んでいるので、バッテリーが小さいということです。ですから当然バッテリーの容量が小さいということになります。

バッテリーが小さいぶん、バッテリー上がりの兆候には注意することが大事になってきます。

兆候としてはセルスターターの勢いが落ちてきたとか、ホーンの音量が小さくなったなど普段と違う感じになっている場合があります。

ヘッドライトの光量が落ちている場合も性能が落ちている可能性があります。基本的には1週間に1回程度でも乗るようにしておけばバッテリー上がりは防ぐことが出来ます。

それでもバッテリーが上がってしまった場合は充電を行うか、もしくはバッテリーが十分に充電されない場合は新品に交換する必要が出てきます。

現在はセルのみでエンジンをかけるタイプが非常に多くなっています。一部はセルスターターの他にキックで始動させられるものもあります。バッテリーが十分に充電できないと寿命の可能性もあるので、新品と交換する必用もでてきます。

交換する場合は激安で売っている店などで購入して取り付けをしてもらうことも出来ます。いろいろなものと比較して性能のいい製品を購入することが大事です。