ハイブリッドカーに搭載されているバッテリーには二種類の物があります。

一つは一般的な車にも乗せてある鉛蓄電池であり、これは車内の電装品やエンジンの始動に使用するために使われる物で、一般的な自動車と変わりがあるというわけではありません。

もう一つのバッテリーは、低速時に使われるモーターを回すために使われるバッテリーで、ハイブリッドの特徴の一つとなっている物です。

こちらは電気自動車などにも使われるリチウムイオン電池やニッケル水素電池が一般的に使われます。

初期のハイブリッド車はニッケル水素電池が使われおり、大きな市場である自動車産業で使われることでニッケル水素電池の開発が進み、高性能化と安全性の向上が行われてきた歴史もあります。

その為、携帯電話やパソコン、電気自動車などの分野においては、より大用量なリチウムイオン電池が使われるようになりましたがハイブリッド車市場ではまだ多くの車がニッケル水素電池を使用しています。

しかし、改善されてきたとはいえニッケル水素電池にはメモリー効果があり車用バッテリーとしは難点があるという事には変わりがありませんし、リチウムイオン電池も同様に改良が進んできている為、ハイブリッド車においてもリチウムイオン電池の使用が増えてきています。