ハイブリッドカーに用いられているバッテリーは、大きく分けて2種類存在しています。一つはニッケル水素バッテリーであり、もう一つはリチウムイオンバッテリーです。

以前に、鉛バッテリーを数多く搭載したハイブリッドカーも存在していましたが、現在では使用していません。ハイブリッドカーよりも、さらに燃費性能を向上させた車種が、プラグインハイブリッドカーです。これは、車載のガソリンを使用することなく、外部から搭載されたバッテリーに充電を行うものです。

このバッテリーの特徴は、リチウムイオンバッテリーが必須だということです。急速充電には、ニッケル水素バッテリーは対応できません。さらに、プラグインシステムのメリットをより引き出してあげる為に、大容量のバッテリーを搭載する必要があります。

つまり、より多くのバッテリーを搭載する必要があります。この場合、ニッケル水素バッテリーよりかなり小型、軽量のリチウムイオンバッテリーが必需品となるわけです。さらに、リチウムイオンバッテリーは、短時間に大電流の出し入れが可能となるために、ハイブリッドカーとしての性能向上にも貢献できます。

今後は、量産効果でコストも下がり、より多くのリチウムイオンバッテリーが活用されることでしょう。