自動車のトラブルで多いのが、バッテリー上がりなどのバッテリー関係のトラブルです。
具体的にはエンジンをかけずに音楽を聴いていたらエンジンがかからなくなった、やヘッドライトやルームライトをを消し忘れていたらエンジンがかからなくなった、と言った物なのですがその際に車の構造について詳しくない方などは、なぜ室内装備は使えるのにエンジンがかからなくなるのか、血う疑問を持つ方がいます。
そもそも車両の発電は車を動かすためにエンジンを起動させているときその余剰の力でバッテリーに対して同時に行われる物ですが、一番重要な目的はエンジン起動の際のスターターに対して電力供給を行う事です。
エンジンの起動には室内のライトやヘッドランプ、CDプレイヤーなどとは比べ物にならないほど瞬間的な電力が必要となるので、あまりにもバッテリーだけを使用しすぎたり、バッテリー自体が劣化して起動に対して必要な分の電力を送れないとエンジンを起動させることが出来ません。これを俗にバッテリー上がりと呼ぶのです。
なので対策方法としては社内の電気関係の装備を使う際にはエンジンをかけるようにする事で、それでもエンジンがかからなくなった場合はバッテリー自体の劣化なので、交換を行うという事になります